精力剤なバイアグラ、レビトラ、シアリスから選ぼう

精力アップの秘訣

不全

huzen

男性ならば、誰しもが他人事では無い勃起不全の症状。
単語だけを見れば、完全に勃起が出来ない状態の事のみを指しているように感じますが、そうではありません。

この勃起不全の症状には、まったく勃たない、時間がかかる、途中で折れてしまう、と言う症状も含まれています。
正確には、性交時に十分な勃起やその維持が出来ない事を指しています。
満足にパートナーと性交が行えない状態を感じれば、その時から貴方も勃起不全と言えるでしょう。

この勃起不全の症状は、英語でErectile Dysfunctionと言います。
ここから略してEDと呼ばれ、幅広い勃起不全、勃起障害の事を総称し、この名前が使われているのです。

インポテンツ

昔はEDと言う呼び名自体がありませんでした。
ですから、現在EDとして診断されている人も、インポテンツの人もひとくくりにされていたのです。

EDもインポテンツも、同様の意味で使っている人がおりますが、この2つの言葉には大きな違いがあります。
インポテンツと言う言葉には、不能者と言う軽蔑の意味が込められています。
更に、インポテンツと宣言される事は性的不能者と言う印象と共に、絶望感を感じさせるとして今ではあまり利用されていません。
しかし、EDは勃起障害、勃起不全を指している言葉ですから、治療が可能と言う印象を与えてくれます。

患者さんが意欲的にED治療が出来るように、世間の認識を言葉によって変えていく事を意識して、今ではこの呼び方になっています。

治療

chiryou

現在では、主にED治療に利用される物は薬です。
簡単に言えば精力剤を利用して治療を行います。

EDの症状を抱えている人の中には、心理的原因と品質性EDとの2つに分けられます。
心因的な事で、つまりストレス等が原因でEDになっている人よりも、年齢によって品質性EDになっている方に非常に効果的となっています。
精力剤の代表格と言えば、1998年にアメリカで発売を開始し、夢の薬とも言われたバイアグラが有名です。
しかし、現在ではバイアグラ以外にも、精力剤は様々な種類が発売されています。

代表格バイアグラ、その改良版とも言えるレビトラ、そして効果の違うシアリス、この3つです。
精力剤を利用する事で、EDを一時的に治療し、性交を通常通りに行えるようにします。
通常通りに性行為が出来る、その効果が1番大きいのですが、それだけではありません。
性交が正しく行える事で、「EDによって損失していた自信を取り戻す」と言う精神的なケアも重要になっています。